五千円、もとい、御声援ありがとうございます!
にほんブログ村 小遣いブログへ
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
参加プログラム
ARCHIVES
LINKS
SPONSORED LINKS
OTHERS
 
記事失筆で原稿料ゲット?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ご当地自慢を、お取り寄せ
テレビなどを見ていると、その地域限定の商品、いわゆる「ご当地」のものをよく見かける。

ご当地のキューピーやキティなど、キャラクターのアイテムなら仕方がないが、ラーメンやスイーツなど食べ物類に関しては何とかして欲しいと思うのが人情。

画面から流れるおいしそうな食品を、ただ指をくわえて見ているだけ。
その土地に行きたくっても、時間も金もないし…

ってこと、ないですか?
続きを読む >>
| - | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハネムーンの下準備
後輩が新婚旅行で沖縄に行くという。

人のことを言えた義理ではないが、後輩は旅行慣れをしていない上に、沖縄も初めてでかなりの不安を抱えているようだ。

さらに、奥さんも妊娠中とのこと。

そういえば、最近は「できちゃった婚」とは言わず、「さずかり婚」というらしい。

少子化のご時世、順番がどうこうなど、どうでも良い。
めでたいことだ。
続きを読む >>
| - | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
よくある勘違い…だよね?
キュリー夫人を知らない人はいないだろう。

そう、ラジウム等を発見して、ノーベル賞を何度も受賞している偉人である。
しかし、この偉人を小学生の頃、『キューリ婦人』と間違えていた。

ちなみに、先輩は近所の「サダエ」というおばちゃんを、20数年間、「サザエ」さんだと思っていた。

思い込みというのは、怖ろしいものである。
続きを読む >>
| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
すて「木」なアイテム
』の作品を見て、どんなイメージを抱くだろうか?

・格調高い、高級感のある感じ
・あたたかくて、やわらかいイメージ
・手作り感
・手触りとかよくて、子どもにもやさしそう


発想力、ボキャブラリーの乏しい私が思いつくのはこんなところか。

文章にはおこせないが、田舎で、、、田舎の家で育った自分にとっては、木は身近で親しみやすいものなのだ。

そんなだから、木目調のものを見ると心惹かれることが多い。

木目調ってことはないが、仏師の彫ったガンダムを見たときなどヨダレがしたたり落ちるかと思った。
5万4000円という壁にぶつかり、泣く泣く断念してしまったが…
続きを読む >>
| - | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
旅行に行って経験値UP
このところ、旅行というものにご無沙汰だ。

以前は、社員旅行が1年に1回はあり、とても楽しみにしていたのだが…

普段は話す機会のない女性社員と話したり、露天風呂があると聞けば裸同然の姿で探し回ったり、、、
って、女性の尻を追いかけることばかり思い出す。

若気の至りということもあったし、基本的に原動力とはそういうものだ。

まぁ、それはさておき、久々に旅行をして、みんなでワイワイと騒ぎたい今日この頃。
続きを読む >>
| - | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
天からの与えられた物って一体?
常々思うことがある。

自分の天職って、何なんだろう?

つまりは、自分の才能って何なのだろうってことにも繋がる。

結構みんな知らないのではないだろうか?
自分の才能を分かっている人がいるとすれば、それは成功者に他ならないと思う。

私は、基本的にネガティブ思考の人なので、才能がないというものは簡単に見つけることができる。

そうだ!

消去法で、才能がないと分かったものを次々と消していけば、最後に自分の才能が見つかるのではないだろうか!?

…やめよう。見つかるまでに心が折れまくって灰になってしまいそうだから。
続きを読む >>
| - | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子ども心をくすぐるアルバイト
その昔、測量のアルバイトをしたことがある。

赤と白の縞々のポールをもって、立つアレだ。

普通だったら求人広告とかで探すのだが、弟の友達の紹介で何だかおもしろそうだったので始めたバイトだった。


バイトの最中、物珍しさと私の出すオーラに惹かれて、近所の子どもたちがよくワラワラと寄ってきた。

こういっては何なのだが、小さい子とおばちゃんには好かれるのだ。
そう、小さい子どもと50を越えたおばちゃんだけには…
トホホ。
続きを読む >>
| - | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
セレブ御用達の秘密
♪ハァ、テレビもねえ、ラジオもねえ

って、一昔前に流行った歌があった。

近所のおっちゃんは「いくよしぞう」って言っているが、正解は「吉幾三」だ。

さすがにそんなことはないのだが、私が住んでいる地域は、コンビニはおろか信号機もないほどの田舎だ。
しかし、田舎は田舎なりに良いものもある。

萌ゆる緑に澄んだ空気、そして、おいしい

そう、水に関しては、他の地域から汲み取りに来る人が結構いたりする。
1か月に一回はペットボトルを車いっぱいに詰め込んできて満タンにして帰る人もいる。

住んでいる者としては、おいしいとは思いながらもそれ程のものなのかという疑問があるのだが、客人達に聞いてみると自分のところで飲む水とは段違いらしい。

そのまま飲むのも良し、コーヒーにしても良し、ご飯を炊くときにも良し。
まぁ、一度味わうと忘れることはできず、自分の家の水を使うことができなくなるそうだ。
続きを読む >>
| - | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
データ復旧の呪文
ぐばべぼび ふらみとごめさ たうやきち ぞどけ

平成生まれの子どもたちは知らないだろう。
ドラクエでゲームを続けるためには、復活の呪文が必要だったことを。

当時のファミコンはセーブ機能などはついておらず、ゲームをやめるときにはパスワード(復活の呪文)を書きとめておかなければならなかった。

ちなみに、ドラクエ兇離僖好錙璽匹52文字(だったと思う)。
復活の呪文は一文字間違えてもダメなのだが、もうラスト寸前というところで書き損じ、挫折してしまった経験がある。

あー、今思い出しても悔しくて仕方がない。
続きを読む >>
| - | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
やさしさ、出血大サービス!!
豆乳とお味噌のmarusanが、2003年から毎年行っている『人にやさしいコンサート』。
もちろん、今年も「人にやさしいコンサート2008」を開催するらしい。


     人にやさしいコンサート2008
続きを読む >>
| - | 22:51 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |